水木しげるさん突然連載終了!有名な水木しげるロードの無料駐車場は

Sponsored Link

水木しげるさんと言えば漫画のゲゲゲの鬼太郎!!

戦争体験者としても数々の作品を世の中に送り出しており、出身地である、鳥取県の境港市には銅像が立っているほど有名な方です。

1c2369ca

※引用元http://image.search.yahoo.co.jp/

そして、水木しげるさんの名前を冠した、アーケード商店街『 水木しげるロード 』、駐車場が無いものの、妖怪の世界観を表現した観光名所まであり、鳥取市を代表する…いや、日本を代表していると言っても過言ではない大物漫画家…

※水木しげるロード公式ページはこちら

 

4tSpM7aWkH7ibjS1431172950_1431173018

※引用元-http://bit.ly/1FbBCms

その水木しげるさんが突然の連載を終了するとの事…!!

昨今の妖怪ブームの盛り上がりから考えて、むしろこれからも活動が忙しくなる、思われているだけに各界からは惜しまれる声が聞こえそうだ。

水木しげるさんと言えば、キャリアが長く妖怪ブームの一番最初の立役者としても知られており、知らぬ人はいないと言われておる『 ゲゲゲの鬼太郎 』は多くのファンがいる事でも知られている。

そして、漫画化活動を通して戦争の悲惨さなどを伝え、多数の賞を贈られております。

普通に考えたら漫画化としては、これ以上ないくらいのキャリア、しかも現在日本では『 妖怪ブーム 』も再び起きている。

近年の活動としては、2013年より連載をスタートしていたが、今回の発表は執筆していた『 わたしの日々 』が連載終了となったようです。

Sponsored Link

q3ZMgt6W8LOt57x1431172707_1431172768

※引用元-http://image.search.yahoo.co.jp/

戦争体験もしている水木しげるさん、普通に考えたら年齢はかなりの高齢となり、漫画の執筆が体力的に大変になったのでは??と推察されますが、連載終了となった『 わたしの日々 』の小学館ビックコミック編集部からは、水木しげるさんの体力的な問題ではないとの事。

体力や健康の問題でないとなると、一体なんなのか??そんな風につい考えてしまうが、なんと水木しげるさんは度々自身の健康ぶりをツイッターで報告していたのだ。

現在93歳にもかかわらず、元気にハンバーガーにかぶりつく姿を報じているのだ。

その姿を見る限りでは、漫画に対する創作意欲が無くなったとも思えない。

むしろ、これから新しい作品を生み出してくれそうなエネルギーに満ち溢れていると窺える。

だが問題は戦後の有名漫画家の突然の連載終了、担当をしていたビックコミック編集部としては人気作家が居なくなり新しい作家を探すのが大きな問題になっているようだ。

元祖、妖怪ブームの火付け役、日本を代表する漫画化…水木しげるさんの新しい動向に目が離せそうにない。

SUMMARY-NEWS編集

Sponsored Link
029

当サイト記事の御感想をお願いします!!

サブコンテンツ