現在認知症の大山のぶ代さんに良い変化と砂川さん報告!回復する!?

Sponsored Link

現在認知症の大山のぶ代さんに、なんと良い変化が出てきてる事を夫で役歌手の砂川啓介さんが2015年05月26日に発表されて話題を呼んでいます!!

1432650871

※出典-http://goo.gl/yBRn1Y http://goo.gl/vR3M2X
認知症から良い変化が出るなんて、家族としてみたら嬉しくてたまらない事でしょう…

以前は自分でお風呂に入れないくらいだったといいますが…

かつて、国民的アニメ『 ドラえもん 』の声優を務めた、大山のぶ代さんの印象的な声は再び聞く事は出来るのでしょうか??

一時期は脳梗塞で倒れ、治療の後は体重が9キロも痩せてしまい、『 激痩せ 』した姿でテレビに出た事でも知られていますが…

認知症の現在はどのような状態なのでしょうか??

そして、追ってで歌手である、砂川啓介さんが言う良い変化とはどういった風なのでしょうか??

それでは見てみましょう!

砂川啓介さんの報告

砂川啓介さんが『 良い変化 』を伝えたのは、自身の一年ぶりとなるライブ『 君は一人ぼっちじゃない・・・・? 』での事でした。

ecb1505151946001-p1

※出典-http://goo.gl/mhe6wE

2015年05月13日のラジオでは、『 声優の仕事を続ける意思を示す 』との報告をして話題となりましたが…

それから現在までに、10~数日しかたっていませんが…良い変化とは…どのような事なのでしょう…

以前にSummary-News.Com編集部でも、取り上げさせて頂きましたが…

声優の大山のぶ代さん認知症でも声優を続ける意思を示す!今後は!?

この記事の原稿を書いている最中も頭の中では懐かしい『 ドラえもん 』の声が聞こえてくるようでしたが…

砂川啓介さんの発表によると…なんと現在大山のぶ代さんは、一人で食器洗いが出来る程度になってきたのだとか!!

少し前は、一人ではお風呂に入れなかった…そんな状態だったのに…!!

これは凄い事ですよね!!

やはり…砂川啓介さんの献身的な闘病サポートがあってこそなのでしょう…

pictBusi01

※出典-http://goo.gl/VH5gpX

ですが、自身の仕事もあるのに…そこから認知症の大山のぶ代さんの看病となると…

その苦労は並大抵ではありません…

それでもその苦労が実を結んだと思うと…涙が出るほどうれしいでしょうね…

Sponsored Link

涙が出るほどうれしいのは、今お騒がせなこの二人もそのようです…

家族のサポートで認知症が回復の兆しを見せるというのは、同じ症状を持つ方の家族には希望溢れる発表なのではないでしょうか?

大山のぶ代さんがまた再び元気な姿を見せてくれる事を祈ります。

ですが…実際問題…どうしたら認知症というのは良くなっていくのでしょう??

次項で説明していきます♪

認知症は改善する!!

以前は認知症は回復しないと言われてきましたが…それは重度の認知症の事をいいます。

nQ4UM6OqgS2ltVr1432651437_1432651459

※出典-http://goo.gl/Ye7LLP

重度の認知症になるまで、早期認知症の期間が2~3年ほどあります…

その早期認知症の段階で気付きリハリビ( 訓練 )をすれば十分に回復する可能性は出てくるんだそうです♪

歌手の華原さんもこの歌の訓練では大変だったとか!?

それはやはり日常の生活の過ごし方で変わってくるのだとか。

食事一つとってもそうですが、ちゃんと栄養があるもの…

そして、人と会話して刺激を受ける事…

一番良いのは、散歩をして四季に触れ、多くの人と触れ合う事なんだとか♪

きっと、砂川啓介さんも沢山調べて学んで多くの事を実践してるのでしょうね…

1432650871

※出典-http://goo.gl/yBRn1Y http://goo.gl/vR3M2X

その行為からは、大山のぶ代さんと砂川啓介さんの強い絆を感じますね♪

…砂川啓介さんの愛情があるかぎり、大山のぶ代さんの認知症はきっと治ります…

大変かもしれませんが、日本中に大山のぶ代さんを待っている方がいます!!

頑張ってください!応援しています!!

編集後記

現在の大山のぶ代さんは、歌も歌えるほどになっているとの事♪

そしてなんと体も良くなっているそうで、階段の上り降りもスムーズになっているんだとか…!

またドラえもんの声が聞こえる日がくるのも近そうですね♪

砂川啓介さん、そして大山のぶ代さん頑張ってください!

Summary-News.Com編集部

Sponsored Link
029

当サイト記事の御感想をお願いします!!

サブコンテンツ